あなたの勃起不全(ED)は不眠症が原因かもしれません

更新日:

EDとは勃起不全もしくは勃起障害のことをいいます。

症状として性的興奮を感じているのにペニスが勃たない、性行為中に中折れしてしまう、勃起はするものの十分な硬さにならないといったものです。

完全に勃起しない勃起不全以外に思うように勃起しないといった勃起障害もEDの可能性は非常に高いです。

今回は不眠症(睡眠障害)とEDの関係性についてお話をしていきます。

不眠症とEDといっても、あまり関係ないでしょ?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、それは違います。

良い睡眠が良い勃起の活力になり、大切なのです!

 

最近朝立ちしてますか?睡眠の質とEDについて

Wokandapix / Pixabay

朝立ちは性的興奮など関係なく生理現象として起きる男性特有の症状です。

何故朝立ちという現象が起こるかというとそれは、睡眠仕組みと関係があります。

レム睡眠とは浅い眠りで脳がある程度活発に働き、夢を見る状況のときです。

脳が働き身体を休めている状態で、脳が活動をしていたときの整理をする時間とも言われています。

ノンレム睡眠とは深い眠りのことです。脳が休む反面、身体の筋肉などは働いている状況です。

人は一晩のうちにこのレム睡眠とノンレム睡眠を3~5回繰り返すのですが、その寝ている間にペニスが勃起したり萎んだりを繰り返します。

健康な男性であれば一晩の睡眠のうち20~40%の割合で勃起現象が起きていて、役割としてはペニスの海綿体に新鮮な血流を流し、血管や海綿体を保つ働きがあります。

 

年を老いていくことで一般的に睡眠の質が悪くなると言われていますが、年を重ねての朝立ちがしなくなるということはよくある話です。

 

だた注意をしなくてはならいのが特に健康状態が悪い自覚症状がないのに朝立ちをしないことです。

 

何か最近寝つきが悪いとか、目覚めてしまうなんてことはありませんか?

 

健康状態が悪くないのに不眠で悩んでいる方はストレスを抱えているケースがほとんどではないでしょうか。

 

EDもストレスが原因で発症することがあり、これを心因性EDといいます。

何か不安を抱えている、心配事が多い、物事がうまくいっていないといったことでEDにも不眠症にもなりかねません。

 

また、EDの症状が出ていなくても不眠症で今後EDを発症する場合もあります。

次に不眠症によるEDの可能性について触れていきましょう。

 

不眠症の合併による身体の異常!?

sasint / Pixabay

不眠症の睡眠障害とはどういったものがあるでしょうか。

大きく3つの症状をあげて、EDとの関係性についてお話をしていきます。

 

  • 不眠症

寝つきが悪く床についてから30分から1時間以上寝れなかったり、眠りについても起床時間までに何度も夜中に目覚めてしまい睡眠の維持が出来ない、眠りが浅く十分な睡眠時間を確保していても起床したときに寝た感じがしないといいた症状がある人は不眠症の可能性が高いです。

日本人は5人に1人が不眠症による睡眠の質に悩んでいるといわれ、20歳代から中年、老年と加齢とともに不眠症の発症は増加をする傾向にあります。

加齢とともに症状が出てくる、深刻化をするという点ではEDと共通していえることでもあります。

副交感神経が低下をすると睡眠の質が悪くなるということもいわれており、眠ることが困難になります。EDにおいても自律神経(交感神経や副交感神経)のバランスが乱れると症状があらわれる要因となるので、不眠症とEDの合併症の関連性も少なからずあります。

 

  • 過眠症

睡眠を十分に夜に取っているにも関わらず、日中にも強い眠気が襲う症状をいいます。

過眠症を患っていると日中に寝るべき場面ではないときに眠くなり、仕事に手が付かない、食事中食べることに集中できない、会話中に強い眠気が襲い会話が出来ないといったことがあげられます。

 

過眠に悩まされると生活リズムが狂い、本来日中活発な時間に活動が出来ないために気分喪失になる、ミスが増え自己嫌悪になるといったことで鬱の症状が出てしまったりという深刻さがあり、注意が必要です。

 

勃起は脳で性的興奮を感じ勃起中枢に伝わり、ペニスの海綿体に血流が流れ溜まる事で大きく硬くなります。この過眠症から鬱になると脳での性的興奮が十分に感じ取らなくなり、心因性EDにより勃たなくななるといったことがあります。

 

  • 睡眠呼吸障害

睡眠時に無呼吸になってしまう人がいます。

この症状を睡眠時無呼吸症候群といい、寝ている間に何度も呼吸が止まってしまいます。

10秒以上呼吸をしない状態が1時間当たりに5回以上平均して呼吸が止まってしまっている場合この睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いようです。

またこの症状が起こると高血圧や脳梗塞、狭心症などの循環気に合併症が起こるリスクが高くなります。

 

睡眠呼吸障害により循環器に合併症が起こりEDになってしまうことを器質性EDといいます。

循環器の病気は血管の詰まりで起こることが多く、ペニスも血管の詰まりで血流の低下があると海綿体に血流が十分に確保できなくなってしまうのでEDになってしまう可能性があります。

 

 

EDになったのは不眠症薬が原因?副作用?

Mizianitka / Pixabay

不眠症により通院をすることで症状の重さによって不眠症薬を処方をされることがあります。

まだ軽い不眠症で心因性ED、器質性EDの症状がみられない場合でも不眠症薬を服用することでEDの症状が起こる可能性があります。

 

不眠症薬に関わらず精神安定には脳の中枢神経の興奮を抑える働きがあります。

先ほども脳からの性的興奮が勃起をさせるとお話をしましたが、睡眠薬を飲むことで神経の働きが制御されるので薬の副作用によってEDの症状が起こるといえます。

 

以上のことから不眠症とEDには深い関係があるのではないでしょうか。

 

EDにお悩みの方にはED治療薬をおすすめします。

ただ、ED治療薬の服用には必ず守らないといけない注意点あります。

  • ニトログリセリン系の薬と併用が出来ない。
  • グレープフルーツなどの柑橘類を摂取したときにはED治療薬は飲まない。

 

また病院から処方される薬との飲み合わせが悪い場合もありますので、薬を服用されている方は医師に相談されてからED治療薬を試してみて下さい。

人気・効果で選ぶED治療薬ランキング

ED治療薬は、ジェネリックまで合わせると様々な種類があります。

はじめてED治療薬を購入・通販をしようとするときは、悩んでしまいますよね。

今回は「お悩み宅急便」に協力をいただき、効果・人気から選ぶEDのお薬ランキングを作成しました。

カマグラゴールド100×4

カマグラは、インドの製薬会社アジャンタファーマがバイアグラのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

勃起時の硬さや、比較的効果が早く出るのが特徴になりED治療のジェネリック医薬品のなかで最も人気の医薬品です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィル50mg・100mg

メーカー:アジャンタファーマ

バイアグラ100mg

バイアグラは、ファイザー製薬によって開発された世界で最初のED治療薬です。

その知名度・薬としての安定性はもちろん効果についても代表格といっても間違いありません。

EDに悩まれている方から、世界的に評価・支持されています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィルクエン酸塩25mg・50mg

メーカー:ファイザー株式会社

メガリス10mg

メガリスは、インドの製薬会社マクレオズファーマスーティカル(Macleods Pharmaceuticals)社がシアリスのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

特徴としては他のED治療薬に比べて持続力の時間が長いと評判になっています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:タダラフィル10mg・20mg

メーカー:マクレオズファーマスーティカル

-ED治療薬の通販・輸入代行サイト比較

Copyright© EDのお薬 , 2017 AllRights Reserved.