AGA治療薬でEDの発症?AGAとEDの関係について

更新日:

AGAとは男性型脱毛症の略称で、EDとは勃起不全もしくは勃起障害のことをいいます。

AGAもEDも男性特有の症状で、薄毛に悩まれている方や性行為の際の勃起が思うようにしないといった方はそれぞれいらっしゃると思います。

特にAGA治療薬を服用することでEDの発症をみられるようになる方もいるのですが、AGA治療薬とEDには関連性があるといわれています。

薄毛を気にされている方は女性の目線を気にされている方が多いのではないでしょうか。

最近薄毛に悩んでいて女性とうまく接することが出来ないとAGA治療の診療を受けたものの徐々に髪が増えてきて自信が出てきた矢先、今度はEDを発症しせっかく女性にアプローチしよう考えていたのに勃起をしないということでまた自信をなくしてしまうという自体に陥ってしまいます。

 

今回はなぜ薄毛治療から勃起不全になってしまうのか、勃たなくなってしまったときにどう対処をすればいいかについてまとめていきます。

AGAの原因と治療薬について

msandersmusic / Pixabay

AGA(男性型脱毛症)とは成人男性にみられる薄毛のことです。

おでこの生え際や頭の頭頂部が薄くなったり、抜けてから髪が生えてこなかったりといったものでAGAは進行性がある脱毛症です。

健康な髪の毛は太くてコシがある髪質ですが、男性型脱毛症を進行している人は髪の毛が抜けて生えるというサイクルの中で成長期が短くなることで細く短い髪質になってしまうことです。

これは男性ホルモンの一種のテストステロンとジヒドロテストステロン(DHT)というものが関係しています。

テストステロンとは筋肉の増大、体毛の増加など男性らしい身体の特徴の部分に作用します。

このテストステロンの分泌はストレスなどの影響で低下をするといわれており、テストステロンの低下があると筋肉量や体力の低下などが起きます。テストステロンが不足すると体内で酵素の5A(アルファ)リダクターゼと結びつきジヒドロテストステロン(DHT)をが作られます。

ジヒドロテストステロン(DHT)の濃度が増えるとヘアサイクルの成長期が短くなりAGAの原因となります。

 

このAGAの治療薬として医師から処方をされるものとしてフィナステリドとミノキシジルと大きくわけて2つの薬があります。

 

  • フィナステリド

プロペシアという薬をご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、プロペシアは商品名でありその成分がフィナステリドです。

フィナステリドは男性ホルモンに作用する成分でもともと前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として研究開発をされていました。

開発を進める中フィナステリドが発毛に作用するということがわかりAGA治療薬として処方がされるようになりました。

 

  • ミノキシジル

ミノキシジルは血管の拡張作用のある薬です。

高血圧患者の方などの毛細血管を拡張させ血圧を下げるという目的で開発がされていました。

血流に作用するミノキシジルですが、副作用として毛髪に有効な症状があらわれ外用医薬品として処方をされるようになりました。

EDの原因?AGA治療薬の副作用

stevepb / Pixabay

フィナステリドは男性ホルモンに作用することでAGAの進行に効果があります。

ただ男性ホルモンを制御することで性機能に関与するという報告もあります。

それがEDです。

 

まず、男性ホルモンが抑えられることでの性欲の低下があります。

勃起にはもちろん男性ホルモンが関わっています。性的な刺激があるなかで興奮をし勃起をするのですが、性欲が弱くなると興奮がしずらくなってしまいます。

性的刺激に鈍感になってしまうことで勃起不全になるといこともあります。

 

また、プロペシア(フィナステリド)を飲むとEDになってしまうという精神的なところからも勃起不全になってしまうことにつながるといわれています。

EDになったらどうしよう、プロペシアを飲んだら何か勃起時の硬さが満足いかないなと考え込んでしまうことがあります。

勃起をするには身体と気持ちの健康が大切になってくるので精神的に勃起不全に不安があるとEDになってしまうこともあります。

 

そしてED(勃起不全)以外にも起こる現象として精子の減少があげられます。

男性ホルモンを抑えることで精子の減少につながるというものなので、フィナステリドを服用する際には性機能への理解が必要なのではないでしょうか。

AGAが原因でEDの発症をしたら

NDE / Pixabay

薄毛に悩んでいてAGA治療を行い、折角か髪の毛が生えてきたのに今度はEDになってしまったという悩みがある方は多いのではないでしょうか。

先程お伝えしたようにAGAの副作用によりEDの発症の可能性はありますので、EDの症状が出ても何も恥ずかしいことはありません。

AGA治療薬によりEDになってしまったらED治療薬の服用を考えてみてはいかがでしょうか。

 

実際全国的にAGA治療薬とED治療薬を専門的に取り扱いをしていて、病院に薄毛治療に診察に行くと医師からED治療薬を処方されるということもあります。

ED治療薬は文字通りEDの治療する薬です。

勃起は血流をペニスの海綿体と呼ばれる組織に溜めることで硬く大きくなる仕組みです。ED治療薬は血流の確保に作用をする働きがあります。

その為、ED治療薬を服用することで血液を海綿体に溜めることが出来るので勃起を促してくれます。

 

ED治療薬は病院でも処方をされますが、保険対象外の為購入をするのにどうしても費用が高いというデメリットがあります。

実はED治療薬は処方以外にインターネットの通販などで購入をすることが出来ます。

代表的なED治療薬でバイアグラがありますが、他にも種類があり自分に合ったED治療薬を通販で購入するのもひとつの手ではないでしょうか。

またED治療薬にはジャネリック薬品も存在するので、ED治療薬は保険対象外で高いから続けられないという方は、価格が安いジャネリック薬品を検討されてはいかがでしょうか。

 

ED治療薬の種類や金額を知りたいという方は、EDのお薬でED治療薬についての比較などもしていますので、併せてご覧頂ければ幸いです。

人気・効果で選ぶED治療薬ランキング

ED治療薬は、ジェネリックまで合わせると様々な種類があります。

はじめてED治療薬を購入・通販をしようとするときは、悩んでしまいますよね。

今回は「お悩み宅急便」に協力をいただき、効果・人気から選ぶEDのお薬ランキングを作成しました。

カマグラゴールド100×4

カマグラは、インドの製薬会社アジャンタファーマがバイアグラのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

勃起時の硬さや、比較的効果が早く出るのが特徴になりED治療のジェネリック医薬品のなかで最も人気の医薬品です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィル50mg・100mg

メーカー:アジャンタファーマ

バイアグラ100mg

バイアグラは、ファイザー製薬によって開発された世界で最初のED治療薬です。

その知名度・薬としての安定性はもちろん効果についても代表格といっても間違いありません。

EDに悩まれている方から、世界的に評価・支持されています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィルクエン酸塩25mg・50mg

メーカー:ファイザー株式会社

メガリス10mg

メガリスは、インドの製薬会社マクレオズファーマスーティカル(Macleods Pharmaceuticals)社がシアリスのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

特徴としては他のED治療薬に比べて持続力の時間が長いと評判になっています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:タダラフィル10mg・20mg

メーカー:マクレオズファーマスーティカル

-ED治療薬の通販・輸入代行サイト比較

Copyright© EDのお薬 , 2017 AllRights Reserved.