内科で行うED治療と病院以外のED治療について

更新日:

内科ではさまざまな病気の治療を総合的に受けることができます。

 

現在高齢者から若齢者まで多くの男性が勃起不全や勃起障害に悩まされていますが、その症状の原因によっては内科でもED治療を行うことができます。

 

具体的に内科ではどのようなED治療ができるのか? について今回は、ED治療と内科に関してお話をしていきたいと思います。

内科とは?

内科といってもさまざまな診療科があります。

  • 消化器内科

主に食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化・吸収に関わる臓器の診察・治療

  • 循環器内科

主に狭心症や心筋梗塞などの心疾患、不整脈、高血圧、動脈硬化などの血管の病気に関わる診察・治療

  • 呼吸器内科

風邪や気管支炎、肺炎、肺がんなど気管や肺といった呼吸に関わる臓器の診察・治療

  • 代謝・内分泌内科

糖尿病や脂質異常症などの生活習慣が関わる代謝の病気などに関わる診察・治療

  • 神経内科

脳や脊髄、神経、筋肉に原因があり、頭痛やしびれ、めまい、手足が勝手に動く、うまく力が入らないなど、身体に症状が現れる病気などに関わる診察・治療

 

この他にも、血液内科、腎臓内科、リュウマチ内科など、多くの治療を専門としているのが内科です。

 

このなかでも、循環器内科と代謝・内分泌内科はEDと深い関係があり、内科にかかるような病気を発症することでEDを併発する原因とされています。

 

 

内科で対応ができるED症状について

Wokandapix / Pixabay

EDの原因は主に器質性、心因性、薬剤性が関係をしますが、

内科に通う症状で深く影響するのは器質性EDです。

 

器質性EDとは、身体の機能に問題があることで勃起不全・勃起障害といった男性器機能障害が起こる原因となるので身体の健康はとても重要です。

 

 

ここではEDに関係する病気についてまとめていきます。

 

内科で治療する器質性EDについて

・動脈硬化が関係するEDについて

血管は本来柔らかく柔軟性があり、しなやかという特徴があります。

そして血管は柔軟性があることで、血流の勢いに影響させずに全身に血液を循環させることができます。

動脈硬化とは、血管である動脈が硬くなってしまうことをいいます。

動脈硬化が起こると、血管は柔軟さを失い硬くなることで、脆く弱い血管へと変化をしてしまいます。

これにより、血管は詰まりやすくなり血液循環が悪くなってします。

 

そして、動脈硬化の発症をすると、男性器付近の血管は他の血管に比べて細いので詰まりやすくなりEDの原因となってしまいます。

 

そのため、動脈硬化からEDの発症がある場合は医師の診察のもと正しい治療を行いましょう。

 

・生活習慣病が関係するEDについて

生活習慣病とは食生活や運動不足の乱れで起こる現代病といわれている病気です。

主に糖尿病、高血圧症、脂質異常症、肥満などの病気のことをさしますが、これらの生活習慣病にかかってしまうと合併症として動脈硬化が起こります。

さきにお話をしたように、動脈硬化があるとEDの発症リスクが高くなるので生活習慣病とEDの関係性はとても深いものといえるでしょう。

 

治療方法としては生活習慣病の改善とED症状の改善のどちらの治療も行わなくてはいけなくなります。

 

・狭心症・心筋梗塞が関係するEDについて

狭心症や心筋梗塞が原因でEDになるということはありませんが、これらの心疾患もEDと同様に動脈硬化などの病気の合併症が関わるということがあります。

そのため狭心症や心筋梗塞を患っていてEDになるということは珍しくありません。

 

また、心疾患とEDの関係性は深く、

ED治療の代表的な治療薬にバイアグラがありますが、バイアグラはもともと狭心症や心筋梗塞といった心疾患の治療を目的として研究・開発された治療薬として有名です。

その後、バイアグラは心疾患の有効的な効果が認められずにED治療薬として販売されることとなりました。

 

現在では心疾患があるときには硝酸剤やニトログリセリンなどの薬が用いられていますが、この薬を飲んでいる人はED治療薬の服用が禁止されています。

理由としてはED治療薬と硝酸剤やニトログリセリンなどの治療薬は同じような効果があるということがあるからです。

その同じような効果とは血管拡張作用です。

同時に服用をしてしまうと効果が効き過ぎてしまい、異常な血圧の上昇などを起こし命の危険に関わってしまうので併用は絶対にしないようにしましょう。

 

この場合は内科へ通院し、医師と相談をしながら適切な治療を行うようにしましょう。

 

内科科は恥ずかしい? 病院以外で治療する方法

今回お話をしたように内科にかかるような身体の病気にかかり、それが原因でEDを併発することがあります。

このような場合、内科でEDの原因を治療しながら症状を改善していくことができますが、病院は恥ずかしいとい思われる方もいると思います。

なぜなら、ED症状は男性特有の疾患なので、内科では受付や看護師さんが女性ということが多く病院の治療は気がすすまないということがあるからです。

 

基本的には身体の病気からEDを併発する場合は、病院での治療が望ましいですが、ED治療薬は通販でも購入することができます。

 

通販でED治療薬を購入することができれば、人に接しないで入手することができますので病院では恥ずかしいという方でも治療を行えます。

内科では恥ずかしくてED治療ができないという方はぜひEDのお薬で紹介をしている通販サイトから購入をしてください。

 

ただ、注意点として持病がある場合は自己判断をしないで治療薬を服用するということです。ED治療薬は代表的なものとしてバイアグラ、シアリス、レビトラなどの種類がありますが、それぞれ服用するにあたって注意事項がありますので必ず確認をしてED治療薬を飲んでも問題なければ服用してください。

 

このことから持病がある方は事前に医師に相談をしてからED治療薬を通販で購入するようにしてくださいね。

EDにお悩みの方は適切な方法で治療を行い改善していきましょう。

 

人気・効果で選ぶED治療薬ランキング

ED治療薬は、ジェネリックまで合わせると様々な種類があります。

はじめてED治療薬を購入・通販をしようとするときは、悩んでしまいますよね。

今回は「お悩み宅急便」に協力をいただき、効果・人気から選ぶEDのお薬ランキングを作成しました。

カマグラゴールド100×4

カマグラは、インドの製薬会社アジャンタファーマがバイアグラのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

勃起時の硬さや、比較的効果が早く出るのが特徴になりED治療のジェネリック医薬品のなかで最も人気の医薬品です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィル50mg・100mg

メーカー:アジャンタファーマ

バイアグラ100mg

バイアグラは、ファイザー製薬によって開発された世界で最初のED治療薬です。

その知名度・薬としての安定性はもちろん効果についても代表格といっても間違いありません。

EDに悩まれている方から、世界的に評価・支持されています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィルクエン酸塩25mg・50mg

メーカー:ファイザー株式会社

メガリス10mg

メガリスは、インドの製薬会社マクレオズファーマスーティカル(Macleods Pharmaceuticals)社がシアリスのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

特徴としては他のED治療薬に比べて持続力の時間が長いと評判になっています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:タダラフィル10mg・20mg

メーカー:マクレオズファーマスーティカル

-未分類

Copyright© EDのお薬 , 2018 AllRights Reserved.