EDとはどんな病気?原因と治療について

更新日:

最近勃たないと悩んでいるということはありませんか?

その勃たない症状はもしかしたら男性特有の病気であるEDの可能性があります。

 

ではあなたの勃たない症状はどのような症状かまずチェックをしてみて下さい。

 

  • 女性と良い雰囲気になり気持ちは興奮していても全く反応しない。
  • 陰茎部を刺激してもらって硬くはなるけれど、勃起力がなく十分に硬くならない。
  • 性交を行える硬さはあるけれど、高頻度で中折れしてします。
  • 夜のお店だと勃つけれど、彼女との行為のときは勃たない。(またはその反対のケースの場合)
  • 最近朝立ちがしていない日が続いている

など、このように勃たないといってもその症状はさまざまですが、もしこの症状であれば注意が必要です。

 

なぜなら、これは男性特有の病気といわれるEDの発症をしているかもしれないからです。

 

今回はEDという病気について原因や治療のお話をしていきたいと思います。

EDは男性なら誰でも患う可能性がある病気

whoismargot / Pixabay

10代や20代でもある程度の年齢の男性でしたらEDという病気を聞いたことはあるのではないでしょうか。

そして「自分は若いからEDではない」と思っている人もいるでしょう。

また、30代40代中年男性であっても「まだまだ現役だからEDではない」と思っている人もいるかもしれません。

 

しかしEDは年齢に関係なく発症する病気なので、最近勃たなくて悩んでいるということがありましたら、ED原因を知り治療を行っていく必要があります。

EDはどのような病気か?原因を知ろう

EDは年齢に関わらず男性であれば誰でも発症する可能性のある病気です。

以前までEDは中年以降の男性疾患として考えられていましたが、近年では若い世代の発症も珍しくない病気となりました。

 

ED症状とは主に、勃起不全や勃起障害のことを指します。

勃起不全であれば全く勃たないということで「自分は病気かも?」という自覚を持つことが出来ますが、勃つけれど中折れしてしまう、満足いく十分な硬さにならないという勃起障害でもED症状であるといえます。

 

勃起障害の場合、「最近疲れているから勃たないだけ」など症状に気が付かないことがあり放置をしてしまう恐れがあります。

放置をしてしまうと当然ED改善は出来ませんし、症状の進行をしてしまうことでますます勃たなくなってしまうことに繋がります。

 

そのため、「最近勃たないかも?」と違和感を感じ週数間~数か月その症状が解消されない場合はEDかもしれないと病気を疑った方がいいかもしれません。

 

そして自分がEDかも?と心当たりがありましたら、原因を知ることがとても大切です。

 

EDを患ったらどうすればいい?病気の治療は大切

DarkoStojanovic / Pixabay

EDを患ったらまずは原因を知ることが大切です。

ED発症は原因がひとつではなくさまざまな要因から発症する病気です。

そのため、治療はまず自分が勃たなくなった原因を知ることから始めましょう。

EDになったらなるべく早く治療を行う必要がある

EDの原因は主に心因性ED、器質性ED、薬剤性EDがあります。

原因によっては身体の健康状態が悪いサインの可能性もあるため、EDはなるべく早く治療されることをおすすめします。

では、それぞれのEDの原因について解説していきましょう。

 

  • 心因性ED

心が健康でないと勃起は起きません。

心因性EDは基本的に精神的な面が影響して勃たなくなることです。

仕事や私生活のストレス、過労、あせりなどで負担となり勃たなくなる原因とされています。

また、性的自信がなかったり、トラウマやコンプレックスがあることでEDを発症することもあります。

 

現在は「ストレス社会」ということもあり、特に若い世代のED発症の原因となっています。

  • 器質性ED

身体が健康でないと勃起は起きません。

器質性EDは基本的に身体の機能面が影響して勃たなくなることです。

高血圧や糖尿病などが原因で動脈硬化が起こりやすくなりEDを発症するケースが増えています。

特に近年、生活習慣病を患う人が年齢問わず増加をしていますが同時にED患者も増加をしているといえます。

そのため、何かしらの病気に掛かっていてED症状に心当たりがある場合は掛かりつけの医師などに相談をされると良いでしょう。

 

  • 薬剤性ED

現在飲んでいる薬が影響してEDのなることがあります。

主にその原因となる薬は精神安定などに作用する薬です。

薬剤性EDの場合、抗うつ剤や精神安定剤や睡眠薬など服用することで発症するケースがありますが、この場合治療薬を処方する医師からEDのリスクについて説明があることもあります。

 

病院はどこの診療科に相談をすればいい?

 

今、お話をしたようにEDの原因はさまざまです。

そのため、自分に合った病院や診療科で治療を行いましょう。

 

  • 心因性EDの場合

心が原因で発症するEDです。

この場合、ED専門クリニック・心療内科や精神科などで診てもらうのが良いでしょう。

 

  • 器質性EDの場合

身体が原因で発症するEDです。

この場合、ED専門クリニック・内科・泌尿器科などで診てもらうのが良いでしょう。

 

  • 薬剤性EDの場合

今飲んでいる薬が原因で発症するEDです。

この場合、かかりつけ医がいると思いますので、かかりつけの病院に相談をされるのが良いでしょう。

 

 

このようにED症状は原因に合わせた病院で相談・治療をするようにしましょう。

 

継続的な治療が必要。ED治療薬で続けやすい治療。

jarmoluk / Pixabay

一般的にED治療は病院で受けることが出来ますが、治療内容としてはED原因の改善とED治療薬の処方です。

ED治療は根本的な原因を治さないと、症状の完治はしませんので継続的な治療が必要になります。

しかし、いざ治そうと思っても長期間治療が掛かる傾向にあるため、病院での治療は継続的な治療費が掛かり経済的な負担となってしまいます。

そのためED治療を途中で止めてしまうという人も多くいらっしゃるのが現状です。

 

そこで経済的な負担を軽減させてED治療を続けていける方法を紹介したいと思います。

それはED治療薬を通販サイトで購入するという方法です。

 

EDのお薬で紹介をしているお悩み宅急便ではED治療薬を専門的に販売しています。

商品の詳細ページをみて頂くと確認出来ますが、バイアグラを含めさまざまな治療薬を定価以下の価格で注文をすることが出来ます。

また、ジェネリック医薬品の種類も豊富なため好みの商品を買い求めることが出来る特徴があります。

 

男性特有の病気であるED症状にお悩みの方はぜひ参考して頂ければ幸いです。

人気・効果で選ぶED治療薬ランキング

ED治療薬は、ジェネリックまで合わせると様々な種類があります。

はじめてED治療薬を購入・通販をしようとするときは、悩んでしまいますよね。

今回は「お悩み宅急便」に協力をいただき、効果・人気から選ぶEDのお薬ランキングを作成しました。

カマグラゴールド100×4

カマグラは、インドの製薬会社アジャンタファーマがバイアグラのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

勃起時の硬さや、比較的効果が早く出るのが特徴になりED治療のジェネリック医薬品のなかで最も人気の医薬品です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィル50mg・100mg

メーカー:アジャンタファーマ

バイアグラ100mg

バイアグラは、ファイザー製薬によって開発された世界で最初のED治療薬です。

その知名度・薬としての安定性はもちろん効果についても代表格といっても間違いありません。

EDに悩まれている方から、世界的に評価・支持されています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィルクエン酸塩25mg・50mg

メーカー:ファイザー株式会社

メガリス10mg

メガリスは、インドの製薬会社マクレオズファーマスーティカル(Macleods Pharmaceuticals)社がシアリスのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

特徴としては他のED治療薬に比べて持続力の時間が長いと評判になっています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:タダラフィル10mg・20mg

メーカー:マクレオズファーマスーティカル

-EDとは?

Copyright© EDのお薬 , 2017 AllRights Reserved.