男性ホルモンの低下や減少がEDの原因。改善・治療について

投稿日:

中高年以降になりEDの発症がみられるようになった方で「年だから仕方ない」と改善や克服を諦めてるという方もいるかもしれません。

しかし、そのED症状はED治療薬で治療を行える可能性があります。

 

 

男性ホルモンは性欲や勃起に深く関わりがあり、男性ホルモンが低下をするとEDを発症する原因になるといわれています。

多くの方に認知されていることですが、年を重ねるごとに男性ホルモンの減退が起こります。

そのため、ED発症は多くの中高年男性の悩みとされています。

 

 

勃起を起こすことや性欲を持つことは男性ホルモンの一種であるテストステロンという物質が重要になってきます。

この男性ホルモンのテストステロンが減退をすると

 

  • 勃起が力強くなく、勃起をしても持続出来る時間が短い

その結果、性交中に途中で中折れしてしまい最後まで勃起をキープすることが出来ない。

 

  • 性的な興奮が著しく低下をしている

その結果、パートナーーと性交を行うときに興奮や喜びがなくなる。

 

  • 最近、朝立ちがしなくなった

若い時は毎日起きていた朝立ちですが、気がついたときには朝立ちしていない。

といった原因になります。

 

 

 

今回は男性ホルモンとEDの関係について、

何故加齢で男性ホルモンは低下をするのか?

男性ホルモンの減退が原因のED治療についてをまとめていきたいと思います。

 

男性ホルモンの低下がEDの減少になる

fenrirthegrey2 / Pixabay

 

男性ホルモンの低下がEDの原因になるといわれていますが、

具体的に男性ホルモンが減ると何故EDになってしまうのかお話をしていきます。

 

 

男性ホルモンの一種でテストステロンという物質があり、テストステロンの減少がみられるとED症状や性欲の減退につながるといわれています。

テストステロンは、男性の場合生殖器である睾丸(精巣)と副腎で合成し、分泌されています。男性の性機能を保つために欠かせないホルモンがテストステロンといえるでしょう。

 

テストステロンが高い男性は闘争心や意欲を高め、攻撃的な男らしい男という特徴があります。性的な面でお話をするとテストステロンの作用は性欲を高め、男性器をたくましくするといった特徴があるといえるでしょう。

 

男性としての魅力に欠かせないテストステロンの分泌は性的活動において大切な物質のひとつであるということは間違いがありません。

 

そのため、男性ホルモンのテストステロンの減退があると性欲を低下させたり、性交中に中折れしてしまうといった勃起障害などのED症状につながります。

また、最近は男性でも更年期障害の症状が出ることがあるといわれていますが、

これはテストステロンの分泌低下が原因となるもので、男性更年期障害とEDを合併する場合などもあります。

 

 

テストステロンは男性のエネルギーとしても重要な役割があり、分泌量が低下をすると疲れやすくなったり、精力減退に影響が出てしまうため

「最近勃起の調子が悪いな」とED症状に心当たりのある中高年の男性は

加齢から影響されている男性ホルモンのテストステロンの減退が原因の可能性が高いでしょう。

 

 

何故、男性ホルモンは加齢とともに減少をするのか

bryandilts / Pixabay

 

男性ホルモンで性的な面で重要な役割をもっているテストステロンは加齢とともに減退をしていきます。

 

原因として3つ

  • 加齢
  • ストレス
  • 生活習慣

があげられ、これらはテストステロンの減少に大きく影響があります。

それぞれの原因について説明していきましょう。

 

加齢による男性ホルモンの低下

加齢とともにテストステロンの分泌量が減るということがひとつあげられます。

男性ホルモンのテストステロンは20代をピークに、その後は下降をし続けていきます。

そのため、30代を過ぎた40代・50代といった中高年の年齢になると、テストステロン不足となり性欲減退や勃起障害・勃起不全といったED症状があらわれます。

 

ストレスによる男性ホルモンの低下

テストステロンを減退させる原因としてストレスの影響があります。

世間一般的に40代50代は会社での責任が大きいくなる傾向にあります。

会社では役職についたり、若いころの経験が実を結び大きなプロジェクトを担ったりすることがあるでしょう。

家庭では家や車を購入しローンがあったり、子供がいて養育費が高く奥さんからもっと稼いでといわれることがあるかもしれません。

このようなことが大きなストレスとなります。

ストレスがあるとテストステロンは減少していくため、テストステロン不足の原因となります。

 

生活習慣による男性ホルモンの低下

不規則な生活を過ごすことでテストステロンの減退につながるといわれています。

若い時からの不摂生でメタボリックシンドロームを気にされている中高年は多くいます。

食生活が乱れている、運動をしない、頻繁に飲酒・喫煙をするといったことがテストステロンの減少につながり、テストステロン不足になる原因となります。

 

 

 

 

加齢による男性ホルモンのテストステロンの分泌量の低下に併せて、仕事や私生活のストレス、生活習慣の乱れが重なり中高年男性はテストステロンが減少する傾向が強くあります。

 

 

男性ホルモン低下・減少が原因のEDの治療方法について

Pexels / Pixabay

 

男性ホルモンのテストステロンの低下はさまざまな原因があり、中高年男性はEDを患いやすい環境にあるといえます。

 

一般的にテストステロンの分泌を増やすにはバランスの摂れた食事・適度な運動・十分な睡眠が欠かせません。

しかし、加齢が原因となり男性ホルモンが減退をしている場合、どれだけ生活習慣の改善やストレスの軽減をしてもEDの改善に好影響にならなかったり、時間が掛かるということがあります。

 

 

そのため、男性ホルモンの低下でEDを患ってしまった方はED治療を行ていただくことをおすすめします。

 

 

ED治療は「病院で治療を行う方法」と「自分でED治療薬を購入する方法」があります。

 

病院でED治療を行う場合

EDの原因が男性ホルモンの低下が影響している可能性がある場合、内科や泌尿器科で受診をされることをおすすめします。

また、掛かりつけの病院がある場合はかかりつけ医に相談をされるのも良いでしょう。

 

EDと診断されED治療の服用に問題がない場合、ED治療薬を処方してもらえます。

 

自分でED治療薬を購入する方法

 

「忙しくて病院に行く時間がない」、「病院は苦手なので行きたくない」という方はED治療薬をネット通販で購入するという方法があります。

 

ED治療薬は併用禁忌薬といって、飲み合わせの悪い薬が存在しますので持病がある方は必ず自分はED治療薬を服用して問題ないか確認をするようにしましょう。

 

 

EDのお薬では「お悩み宅急便」というED治療薬を安心して購入出来るサイトの紹介をしています。

 

男性ホルモンの低下でEDかも?と感じられている中高年男性の方に

ED治療薬での治療をおすすめしていますので、購入を検討される際は是非参考にして頂けると幸いです。

人気・効果で選ぶED治療薬ランキング

ED治療薬は、ジェネリックまで合わせると様々な種類があります。

はじめてED治療薬を購入・通販をしようとするときは、悩んでしまいますよね。

今回は「お悩み宅急便」に協力をいただき、効果・人気から選ぶEDのお薬ランキングを作成しました。

カマグラゴールド100×4

カマグラは、インドの製薬会社アジャンタファーマがバイアグラのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

勃起時の硬さや、比較的効果が早く出るのが特徴になりED治療のジェネリック医薬品のなかで最も人気の医薬品です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィル50mg・100mg

メーカー:アジャンタファーマ

バイアグラ100mg

バイアグラは、ファイザー製薬によって開発された世界で最初のED治療薬です。

その知名度・薬としての安定性はもちろん効果についても代表格といっても間違いありません。

EDに悩まれている方から、世界的に評価・支持されています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィルクエン酸塩25mg・50mg

メーカー:ファイザー株式会社

メガリス10mg

メガリスは、インドの製薬会社マクレオズファーマスーティカル(Macleods Pharmaceuticals)社がシアリスのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

特徴としては他のED治療薬に比べて持続力の時間が長いと評判になっています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:タダラフィル10mg・20mg

メーカー:マクレオズファーマスーティカル

-EDの治療

Copyright© EDのお薬 , 2017 AllRights Reserved.