ED治療は泌尿器科?受診が恥ずかしいとお悩みの方へ

更新日:

EDとは勃起不全及び勃起障害のことをいい、性交をしようとしてもペニスが勃たない、性交中に中折れしてしまう症状のことです。

 

自分の感情とは反して勃起をしないと気持ちが落ち込み自信がなくなってしまいます。

また、勃起をしないことでパートナーとの関係が悪くなり気まずくなってしまい雰囲気が暗くなってしまうことも経験としてある方もいらっしゃるでしょう。

たとえ「勃起しないこともたまにはあるよ。疲れてるんだよ。」とパートナーに言ってもらっても相手の気持ちを思うと気を遣わせてしまい申し訳なく感じて罪悪感を持ってしまったりと自分を責めてしまうこともあります。

そんなときはひとり「自分は勃たないんだ。なんて惨めなんだ。」と悩み悪い感情を抱え込んでしまいます。

EDの心当たりがあるときに、どうすればいいのかについてを今回まとめていきます。

EDかな?と感じたらどうすればいいの?

magalyphoto / Pixabay

まずEDの疑いに心当たりがありましたらひとりで悩まないでください。

EDは精神的な面から深刻化をする場合もあり、ひとりで考え込んでしまうと症状が進んでしまう要因になってしまいます。

 

まずはEDになってしまった原因はあるのかを振り返ることが大切です。

最近疲れが溜まっていたり寝不足ではないか、暴飲暴食ではないか、タバコの吸い過ぎや喫煙からのEDの可能性もあります。

 

精神的に病んでしまっていて、神経の乱れがあると勃起をしないこともあります。

悩み事とうまく付き合っているか、感情の起伏は激しくないか、気持ちが敏感になっていないかなど気持ちを落ち着かせることも大切です。

 

また、生活習慣病や神経・循環器などの病気の併発もあります。

他に特に心当たりはない場合は加齢によるED発症の場合も考えられます。

 

勃起不全や勃起障害は人によって原因が様々あるだけに、多くの発症の要因が考えられます。

しかしEDは決して治らない病気ではないので、EDと向き合うことが大事です。

ED症状が深刻化する前に早期治療を行えば比較的軽度なうちに改善することも出来るでしょう。

その為、病院で医師による診断を受けるのが望ましいです。

ED治療はどの病院へ診てもらえばいいか?

mufidpwt / Pixabay

まず初めての男性は「インポで病院になって行くのは恥ずかしい。」と思われる方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか。大半の男性はその恥ずかしさから不安になりいく事を躊躇ってしまっているのが現状だと思います。

EDの診療は恥ずかしいから病院には行くのに気が進まないという発想になってしまうものです。

 

以前はEDは50歳代、60歳代以降の病気という認識がありました。

これは加齢によるED発症の原因が大きいと考えらていることからです。

最近では意外にも20歳代のED患者も増えています。さらに驚くことに10代の高校生でもEDの発症が見られることも珍しくはありません。EDの若年層化毎年が増えているともいわれています。

このことから成人男性の4人に1人がED、50歳~60歳代で2人に1人がED(勃起不全)と診断されているともいわれているので、EDの疑いを含めるとさらにEDに悩まれている方は多いということになるでしょう。

ED症状はあなただけの悩みではなく、男性であれば誰でも勃起しなくなるという可能性があるので「自分はEDだから」と特別恥ずかしいと考える必要はありません。

 

最近ではED患者が増えているということから、ED治療について調べてみると全国的にED治療を専門で受けているクリニックがあります。

ED専門クリニックでは専門的に診療を行っているので問題なく受診・治療を進めていくことができます。

しかしED専門クリニックは自宅や職場の近くにないと通院をするのに不便だったり、そもそもそこまで遠いところに診療に行くことは出来ないという方もいると思います。

 

そこで知って頂きたいのは実はED治療で処方されるED治療薬はED専門クリニックでないと受けられないという訳ではありません。

 

内科や泌尿器科などの町医者などでもEDの診療薬を処方をしてもらえます。

ただ、男性器の問題などもあることから内科よりかは泌尿器科をおすすめします。

 

しかし、自宅や職場の近くに泌尿器科はあるけど通院が専門のクリニックではないので恥ずかしいと躊躇ってしまうこともあります。

 

そういったときには男性のみの泌尿器科や受付や看護師が男性の泌尿器科を選ばれるといいです。

受付を含め診察医・看護師が女性だと恥ずかしい気持ちになってしまうので、男性の診断医・看護師、受付の泌尿器科であれば恥ずかしさは抑えることが出来るでしょう。

また「診断をするときはペニスを見せるために下着を脱がないといけない」という訳ではないこともあり、問診でED治療薬を処方されることもあります。

 

問診だけでED治療薬の処方がされれば恥ずかしさはないので病院に行きやすいのではないでしょうか。

その為EDかな?と心当たりがあればひとりで悩まないで泌尿器科などの病院で受診をされることをおすすめします。

ED治療薬の医師から処方以外に手に入る方法。

 

EDの診療で泌尿器科やED専門クリニックに通い、EDと診断されてED治療薬を処方をされます。

 

EDには保険の適用がされないので、治療費は高くなってしまい出費が重なります。

EDに限らず病気は継続的に治療をしていく必要があるので通院の度に医師から処方されるED治療薬が高く治療を続けられないといったこともある人もいるのではないでしょうか。

 

そういったときにはED治療薬を通販で購入されることをおすすめします。

ED治療薬にはジェネリック薬品もあるので、自分に合ったED治療薬を選び通販で購入することで継続的に服用を行えます。

どのED治療薬を飲めばいいかと心配の方は一度病院で診察を受けて処方をされてから、その後通販でED治療薬を購入するのもひとつの手だと思います。

しかし、どのED治療薬がいいか?など悩むことがあるかもしれません。EDのお薬ではED治療薬の比較や通販サイトの紹介をしている記事もありますので是非参考にしてみてください。

EDはひとりで悩まないで診察を受けたり、ED治療薬を通販で購入したりしながら改善していきましょう。

 

人気・効果で選ぶED治療薬ランキング

ED治療薬は、ジェネリックまで合わせると様々な種類があります。

はじめてED治療薬を購入・通販をしようとするときは、悩んでしまいますよね。

今回は「お悩み宅急便」に協力をいただき、効果・人気から選ぶEDのお薬ランキングを作成しました。

カマグラゴールド100×4

カマグラは、インドの製薬会社アジャンタファーマがバイアグラのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

勃起時の硬さや、比較的効果が早く出るのが特徴になりED治療のジェネリック医薬品のなかで最も人気の医薬品です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィル50mg・100mg

メーカー:アジャンタファーマ

バイアグラ100mg

バイアグラは、ファイザー製薬によって開発された世界で最初のED治療薬です。

その知名度・薬としての安定性はもちろん効果についても代表格といっても間違いありません。

EDに悩まれている方から、世界的に評価・支持されています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィルクエン酸塩25mg・50mg

メーカー:ファイザー株式会社

メガリス10mg

メガリスは、インドの製薬会社マクレオズファーマスーティカル(Macleods Pharmaceuticals)社がシアリスのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

特徴としては他のED治療薬に比べて持続力の時間が長いと評判になっています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:タダラフィル10mg・20mg

メーカー:マクレオズファーマスーティカル

-ED治療薬の通販・輸入代行サイト比較

Copyright© EDのお薬 , 2017 AllRights Reserved.