EDを患ったらどの位の期間で治すことが出来るか

投稿日:

EDを患ったとき治療期間はどのくらいで、いつ完治をするのでしょうか。

 

EDは勃起障害や勃起不全になることです。治療を行わないと勃起をしないことで自分の自信をなくしてしまう他、性行為のときパートナーを満足させることが出来ません。

 

満足いく性交が出来ないのはつらいことなので、

ED発症をした方は、どのくらいの期間でEDが完治するのか知りたいということがあるでしょう。

 

では、実際にどのくらいのED治療が期間が掛かるかというと、

個人差があります。

ED完治は一概にどの位の期間で治るということはいえません。

 

EDを治すには個人個人の原因や治療によって完治するまでの期間が変わりますので、その人ごとに合った治療を行うようにしましょう。

 

しかし、目安でもいいから治療期間についてどのくらいだろう?思う方もいると思います。

今回はED治療の治療期間についてお話をしていきたいと思います。

 

EDの原因は何ですか?治療期間を知るために原因の特定が大切

alienoubriaco / Pixabay

ED治療を行い1か月程度と比較的短期間で症状が治る場合、

3年、5年と治すまで長期間掛かる場合があります。

 

この完治するまでの期間が何故このように幅広いかというと、それはEDの原因によります。

 

ED症状とは大きく3つに分けられ、心因性ED・器質性ED・薬剤性EDがあります。

それぞれ原因について詳しく説明していきましょう。

 

心因性EDとは

精神的な要因が原因となるEDです。

要因としてあげられるものは多く、現実的な心因と深層的な心因があります。

 

 

現実的な心因とは

  • 緊張、焦り、不安などがあり心が落ち着かない
  • 多忙による疲れ、睡眠不足などの日常生活が乱れている、
  • 家庭トラブル、日々の生活の心配事などがある

などといった場合があげられます。

 

このような状態は精神的なストレスが掛かり、心因性EDになる可能性が高くなります。

 

 

深層的な心因とは

  • 幼少期に性的な面でトラウマとなる体験をしたことがある
  • 性的コンプレックスがある
  • パートナーに対して内に秘めた不満や葛藤がある

などの場合、無意識の中で心理的原因があるときに、心因性EDになる可能性が高くなります。

 

 

器質性EDとは

身体に何かしらの原因があり発症するEDです。

 

勃起を起こすのには身体の健康は欠かせません。

特にEDと深く関係するのが血管の状態です。

 

本来血管は柔らかくしなやかな状態で、血流の詰まりがなく円滑に全身へ血液を巡らせます。

 

 

しかし、加齢や生活習慣病の影響で糖尿病や高血圧を患うと動脈硬化を引き起こし、血管を詰まらせたり血液の流れを悪くしてしまうことで陰茎部の海綿体に血液を確保することが出来なくなり、ED発症のリスクを高めます。

 

薬剤性EDとは

現在飲んでいる治療薬が原因でEDの発症をすることがあります。

 

主に精神面に作用をする治療薬はEDとの関係が深く、精神安定剤や抗うつ剤など服用していることで徐々に勃起をしなくなるということがあります。

 

ED治療を行い完治するまでの期間はどのくらい?

Pexels / Pixabay

 

上記でお話をしたとおりEDの発症はさまざまな原因が考えられます。

そのため、原因によって完治するまでの期間が異なります。

 

ここでは心因性ED、器質性ED、薬剤性EDとそれぞれの治療期間の目安についてお話をしていきたいと思います。

 

心因性EDの治療期間はどの位?

 

心因性のEDの場合、1か月程度で勃起の回復がすることも、かなりの時間を掛けないと改善しない場合もあります。

 

あくまで目安になりますが、現実的な心因性EDの場合短期間でED症状の改善がするケー  ルがあります。

常に性交をするときに焦ってしまう、慌ててしまうということがありましたら、ED治療薬を服用し、自分に自信がつけば自力で勃起出来るようになるということがありますので、

原因が分かっていてED症状が改善しないというときは、原因の解決に努めればED症状も改善するでしょう。

 

一方、深層的な心因性EDの場合自分の力だけでは改善が難しい人が多いです。

そのため、長い期間の治療が必要になるでしょう。

何故なら無意識な要因が原因でEDになりますので、自分では何故EDなのか分からないということがあるからです。

この場合、カウンセリングとED治療を同時に行うことをおすすめします。

 

器質性EDの治療期間はどの位?

器質性EDの場合、加齢が原因なのか生活習慣病が原因なのかで治療期間が異なります。

 

加齢の場合、年を重ねる度に身体の様々な箇所が悪くなりEDにつながることがあります。

この場合加齢による持病の治療を行い改善しなければ、EDが治らないということがあります。そのため、加齢による器質性EDの場合はED治療期間が長いといえるでしょう。

 

 

また、生活習慣病が原因の場合のED発症は若い世代の患者に多い傾向にあります。

生活習慣病はEDを関係の深い動脈硬化を引き起こす糖尿病や高血圧症の発症リスクを高めます。

進行程度によりますが軽い生活習慣病の症状の場合、食事や運動など生活の見直しをすることで身体が回復し、ED症状改善に効果があることがあります。

 

薬剤性EDの治療期間はどの位?

 

精神疾患を患っている方は

精神安定剤や抗うつ剤など治療薬の投薬が関係をしてEDになっているため、

今患っている精神疾患をまず治さなければなりません。

 

精神的な心の病は長期間の治療が必要となるケースが高いので、

ED症状に悩まれている場合、医師と相談をしながらED治療を行うことが大切でしょう。

 

ED治療の期間中の性行為について

stokpic / Pixabay

ED治療期間中はそれぞれのEDの原因を治療することが完治の近道といえるでしょう。

 

しかし、長期間のED治療期間の場合勃たないので、ずっと性交を行うことが出来ないのかとお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

 

ED治療中にパートナーとの行為の予定があるときはED治療薬を服用されることをおすすめします。

ED治療薬自体でED症状を治すということは出来ませんが、勃起を促してくれるので、ED治療中の期間でも不自由なく性交を行うことが出来ます。

 

ひとつ注意として、持病がある方はED治療薬と飲み合わせが悪いものがありますので医師に相談をしてからED治療薬を服用するようにしてください。

 

 

EDのお薬ではおすすめのED治療薬を比較・紹介などをしています。

ED治療薬を購入する時には是非参考にして頂ければ幸いです。

人気・効果で選ぶED治療薬ランキング

ED治療薬は、ジェネリックまで合わせると様々な種類があります。

はじめてED治療薬を購入・通販をしようとするときは、悩んでしまいますよね。

今回は「お悩み宅急便」に協力をいただき、効果・人気から選ぶEDのお薬ランキングを作成しました。

カマグラゴールド100×4

カマグラは、インドの製薬会社アジャンタファーマがバイアグラのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

勃起時の硬さや、比較的効果が早く出るのが特徴になりED治療のジェネリック医薬品のなかで最も人気の医薬品です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィル50mg・100mg

メーカー:アジャンタファーマ

バイアグラ100mg

バイアグラは、ファイザー製薬によって開発された世界で最初のED治療薬です。

その知名度・薬としての安定性はもちろん効果についても代表格といっても間違いありません。

EDに悩まれている方から、世界的に評価・支持されています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィルクエン酸塩25mg・50mg

メーカー:ファイザー株式会社

メガリス10mg

メガリスは、インドの製薬会社マクレオズファーマスーティカル(Macleods Pharmaceuticals)社がシアリスのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

特徴としては他のED治療薬に比べて持続力の時間が長いと評判になっています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:タダラフィル10mg・20mg

メーカー:マクレオズファーマスーティカル

-EDの治療

Copyright© EDのお薬 , 2017 AllRights Reserved.