克服したいED症状!治療方法について

投稿日:

勃起不全や勃起障害に悩んでいて克服をしたいと思っていませんか?

EDを患っていると男性としての魅力が落ちてしまいますし、自分に自信が持てなくなってしまいます。

そのため女性と接しても上手くいかないということがありますので、自分の余裕がなくなってしまいます。

 

このことからEDを患っている男性は「この症状をどうにかしたい」と思っている人が多いのですが、どうすればEDは克服できるのでしょうか?

 

今回はEDの克服についてお話をしていきたいと思います。

克服したいED症状!具体的にどんな症状?

calibra / Pixabay

ED症状を患っていると女性と接することが苦手になり、消極的になってしまいます。

 

幅広い年代の男性が患うED症状ですが、どのような症状で悩んでいる人が多いのでしょうか?

典型的なEDの悩み

EDを患うと性的行為を行うことが物理的に出来なくなります。

症状としては

  • 陰茎部が全く反応しないで硬くならない。
  • 性的刺激を受けると硬くなるけど、行為中に勃起を持続することが出来なく中折れしてしまう

などがみられ勃起不全や勃起障害になってしまいます。

これは性欲がないということではなくて、気持ち的には興奮をしているけれど、下半身が反応しないということで性行為自体を行うことが出来ません。

 

そしてEDになると大きな焦りを感じることとなるでしょう。

一度勃たないとまた勃たないのではないか?と不安にもなりますのでますます勃たなくなってしまいます。

そのためED症状を患うと出来るだけ早く治療を進めて克服していくことが大切です。

 

 

EDの克服には原因の改善が重要

ny_sonseca / Pixabay

ED症状を患い治したい!と克服をするには「なぜEDになったのか?」という原因を知ることからはじめましょう。

その原因によって治療をどのように行えばいいのかが異なりますので、自分のEDの原因は何か?をまず確認するようにしましょう。

あなたのEDの原因は何?

 

EDの原因は器質性ED、心因性ED、薬剤性EDと大きく3つにわけられます。

それぞれどのような要因でED発症をするのか解説をしていきましょう。

 

  • 器質性EDについて

器質性EDとは身体が不健康なことで起こりやすい症状です。

特に血管や心臓などの循環器の病気の影響を受けやすいものとなっています。

 

循環器の病気といってもさまざま存在が、特にEDと関係が深い症状として動脈硬化があります。

動脈硬化になると血管が硬く傷つきやすくなり血液をつまりやすくさせます。

 

勃起を起こす時には血液量というのはとても重要で、大量の血液を陰茎部組織にある海綿体に溜めないといけません。動脈硬化により詰まり血液量が低下してしまうと、EDの原因になるリスクが高くなります。

 

  • 心因性EDについて

心因性EDとは主にストレスなどが原因で起こりやすい症状です。

ストレスを感じる場面は多くあると思います。

例にあげるとすると

  • 仕事で重要な仕事を任されて大きな責任がかかっている。
  • パートナーとの付き合いで不安や心配事があり気持ちに整理がつかない。
  • 多忙で休む暇もなく疲れが溜まっている
  • なんとなく毎日が落ち着かない
  • 将来のことを考えると不安な気持ちになる

などストレスを感じることは多岐にわたると思います。

 

このストレスとなることが影響をしてEDになることを心因性EDといいますが、この他にも「以前性体験で失敗をしたトラウマがある」「包茎・早漏など性的コンプレックスがある」といったことでED発症することもあります。

 

  • 薬剤性EDについて

現在飲んでいる治療薬の副作用でEDになることがあります。

どのような治療で服用する薬かというと主に精神に関与をするものがあります。

例えば精神安定剤、抗うつ剤、睡眠薬などの治療薬を飲むことでEDを患うことがありますので、これらの薬を飲んでいる人は掛かりつけの医師と相談をしながらED克服をする必要があります。

 

 

以上がEDの主な原因とされる内容になっています。

原因となることが多くあるので世代に関係なくEDの発症リスクはあり、克服をしていかなければいけません。

 

年代別の症状

 

ED症状に悩む男性は大勢います。

男性特有の疾患であり幅広い世代でその発症は見られます。

ここでは世代別によく起こるED症状の原因についてお話をしていきたいと思います。

 

  • 10代~20代の若年代のED発症の例

近年はストレス社会といわれるほど、過ごしているだけでストレスがかかる環境です。

そして精神的な病気を患う人が増加をしている傾向にあるため、心因性EDや薬剤性EDのリスクが高い傾向にあります。

 

  • 30代~50代の中高年代のED発症の例

中高年男性は人生の中で仕事・プライベートとともに大きな責任を担うことが多くあります。仕事では部下が出来る、重要なプロジェクトを任させる、結婚をして子供が産まれる、家や車を買いローンがある、などのことがプレッシャーとなります。

また仕事が忙しく食生活の乱れや運動不足が続き生活習慣病を患いやすい特徴もあります。

このことから心因性EDや器質性EDの発症リスクが高い傾向にあります。

 

  • 60代以降の高年代のED発症の例

高齢になると身体のさまざまな病気を患うリスクが増えます。

糖尿病や高血圧など動脈硬化を合併しやすい病気を患ったり、男性更年期障害などでホルモン変化が起こることでEDの原因になるリスクが大いに高まります。

 

 

効果的なED克服方法について

年齢に問わず発症するEDは発症するため、それぞれのED原因に合わせた治療を行い克服していく必要があります。

ED治療は一般的に病院で診察を受けるという方法があります。

医師からEDと診断を受けるとED治療薬を処方してもらえるので、ED治療薬を飲みながらED原因の治療を同時に行い克服していくようにしましょう。

 

しかし、病院によっては診察代とED治療薬代で医療費が高くなり継続して治療を行うことが難しくなるということがあります。

 

そこで効果的なED治療を行い克服していく方法として、ED治療薬を通販サイトで購入する方法があります。

 

ED治療薬は病院以外で購入するとしたら通販サイトを利用します。

初めてEDを患ったという人やED治療薬を飲み慣れていない人は病院での治療をおすすめしていますが、定期的にED治療薬を購入しているという人は経済的負担を少なくするために通販サイトから購入をされると良いでしょう。

 

ED症状でお悩みの方は症状が進行していない早いうちに治療を行い克服していきましょう。

人気・効果で選ぶED治療薬ランキング

ED治療薬は、ジェネリックまで合わせると様々な種類があります。

はじめてED治療薬を購入・通販をしようとするときは、悩んでしまいますよね。

今回は「お悩み宅急便」に協力をいただき、効果・人気から選ぶEDのお薬ランキングを作成しました。

カマグラゴールド100×4

カマグラは、インドの製薬会社アジャンタファーマがバイアグラのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

勃起時の硬さや、比較的効果が早く出るのが特徴になりED治療のジェネリック医薬品のなかで最も人気の医薬品です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィル50mg・100mg

メーカー:アジャンタファーマ

バイアグラ100mg

バイアグラは、ファイザー製薬によって開発された世界で最初のED治療薬です。

その知名度・薬としての安定性はもちろん効果についても代表格といっても間違いありません。

EDに悩まれている方から、世界的に評価・支持されています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィルクエン酸塩25mg・50mg

メーカー:ファイザー株式会社

メガリス10mg

メガリスは、インドの製薬会社マクレオズファーマスーティカル(Macleods Pharmaceuticals)社がシアリスのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

特徴としては他のED治療薬に比べて持続力の時間が長いと評判になっています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:タダラフィル10mg・20mg

メーカー:マクレオズファーマスーティカル

-EDの治療

Copyright© EDのお薬 , 2017 AllRights Reserved.