二十代でED治療薬を服用するのは危険?

投稿日:

EDといえば性交しようとしても全く勃起をしない。性交中に中折れをしてしまう。といった症状です。以前までは勃起不全といえば中高年以上の男性の症状で二十代程度の若い年齢の男性からの報告はほとんどありませんでした。

それが近年勃起不全や勃起障害の若年化が進んでいるというのです。

少し前までEDの認知があまりされていなかったので若い人は恥ずかしくて勃起しないことを隠していたこともあるかもしれませんが、それを除いてもEDの発症は増えています。

今では軽度・重度のEDを含めて成人男性の4人に1人はEDの症状に悩まれているといわれています。

 

今回は二十代のEDの発症や治療についてまとめていきます。

中高年ではない若い世代のEDはなぜ発症するの?

brenkee / Pixabay

EDの発症について原因としてあげられる要因は4つあります。

それは器質性ED、心因性ED、薬剤性ED、混合性EDです。

勃起はペニスだけが健康であればおきるという訳ではありません。

性的な興奮を五感のいずれかで感じ、大脳へ伝わります。

そして性的興奮の刺激が脳から脊髄を通り、勃起中枢や勃起神経に作用をします。同時に身体の血流が上昇をすることでペニスの血管内へ大量の血液が流れこみ海綿体に血液が溜まることで勃起はおきます。この勃起の仕組みで1つでも欠けたら勃たちません。

中高年のED発症も二十代のED発症もこの勃起の仕組みと4つのED要因が深く関係します。

  • 器質性ED

病気を患うなど身体にどこかに原因がある場合を原因とするEDです。

高血圧や糖尿病などの病気は動脈硬化を進行させます。本来柔軟性のある血管が動脈硬化により硬くなると血管内の詰まりの原因になります。

中高年のED発症がよく見られるのは加齢による動脈硬化の影響があります。

しかし、近年では二十代でも食生活の乱れや運動不足など不摂生な生活が続くと生活習慣病のリスクが高まります。生活習慣病による高血圧や糖尿病の合併症としてED症状が発症する場合は十分にあります。

  • 心因性ED

日常のストレスや性的トラウマ、精神的な病などが原因になるEDです。

二十代のED発症の中でも1番の原因としてあげられるのが心因性EDです。

仕事のストレス、人間関係のストレス、将来の不安などでのストレスなどあげたらキリがないほどストレスがかかります。

身体は健康で悪いところは何もないという人でもEDを発症する可能性はゼロではありません。

  • 薬剤性ED

勃起の仕組みとして脳や神経の働きは欠かせないものです。

精神安定剤や抗うつ剤、睡眠薬などの薬は神経を抑える働きがあります。

薬の副作用で勃起のさせる興奮が抑えられることでEDになるということです。。

精神的な病は年齢に関係なく発症がみられるので、これらの影響からEDを発症する可能性があります。

 

  • 混合性ED

要因がひとつではないED発症を混合性EDといいます。

簡単に説明をすると精神的な病気でうつ病を患い心因性のEDを発症する。同時に抗うつ剤の処方をされて薬剤性EDも考えられるといったものです。

 

EDの原因がひとつではないこともあり、二十代でも十分にEDを患う可能性があることを分かって頂けたとおもいます。

若さからEDを患うと恥ずかしと感じてしまうことが大きいですが、このままずっとEDを患うという訳にもいきません。どういった治療があるかについてのお話を次にしていきます。

 

二十代でEDになったときの治療法

abobo / Pixabay

二十代での軽度のEDで深刻化をしていない場合は加齢による動脈硬化の影響ではないからといえるでしょう。

EDの原因は先程お伝えをしたさまざまな原因があるので治療についてもED発症患者に合った方法でED治療をしていかなければなりません。

 

 

  • カウンセリングやパートナーとの関係改善

二十代のED発症の中で一番の多い原因とされる心因性EDの場合心の問題など精神的な部分が大半なのでカウンセリング治療を受けてみるのがいいでしょう。

女性との性行為に不安があるのであれば、その不安に感じていることを洗い出し不安な気持ちにさせないようにしたり、性的トラウマがあれば徐々に克服を目指す必要もあります。

またEDを患ってしまうと「自分はEDだからダメな男だ」とか「勃たない、勃たない」とネガティブになったり、焦ってしまったりします。カウンセリングの際には心のコントロールのアドバイスをもらったりするのもいいかもしれません。

また性交は自分勝手な行為ではありません。EDの原因が男性にあるのか女性にあるのか、克服すためにはどのように接するのかをパートナーと話し合うことが出来ればより良いでしょう。

  • 不摂生の改善

食生活の乱れや運動不足以外にも飲酒や喫煙にもEDは影響をされます。

軽度のED症状であればバランスの良い食事や軽い運動、禁酒禁煙などをしてみて改善がみられることもあります。

 

  • ED治療薬

勃起不全や勃起障害の治療薬として医師から処方されたり、通販などでも購入が出来ます。

持病があり他に医師から出されている薬を飲んでいる場合、併用出来ない薬があります。

その場合は医師へ相談のうえED治療を飲むようして下さい。

 

 

若年齢でもED治療薬の服用は問題はない?

photo-graphe / Pixabay

ED治療薬はバイアグラやレビトラやシアリスといった治療薬が代表的なものです。

特に有名なのがバイアグラですが、バイアグラは世界で初めて勃起不全や勃起障害の治療の為に販売をされたED治療薬です。

バイアグラ元々は狭心症の治療薬として開発研究をされていたのですが、治験者の勃起を促す作用があることが研究段階で発見されました。

その後、狭心症の薬としては想定した結果が得られませんでしたが、血管を拡張させ血流確保に作用をする点とPDE5を阻害することでED治療薬として販売をされました。

 

巷でよく勘違いをされることとしてED治療は興奮作用があり飲むとずっと勃ちっ放しになるといったことです。そのことで二十代とか若いうちからED治療薬を飲むと、それなしでは勃たなくなるといったことが言われたりしています。

ED治療薬は媚薬のような効果は一切なく脳の神経に作用するものではありません。

その為二十代のうちからED治療薬を飲んで今後飲み続けないと勃起をしないということはないといっていいでしょう。

 

なおED治療薬は根本的な治療が出来るものではないので、精神的な問題や生活習慣が原因となればそれを改善するのが一番です。

しかし突然治すということは出来ません。その治療期間EDだから全く性交が出来ないというのも辛いですよね。その為ED治療薬を服用しながら、徐々にEDの根本的な改善を行うようにしましょう。

人気・効果で選ぶED治療薬ランキング

ED治療薬は、ジェネリックまで合わせると様々な種類があります。

はじめてED治療薬を購入・通販をしようとするときは、悩んでしまいますよね。

今回は「お悩み宅急便」に協力をいただき、効果・人気から選ぶEDのお薬ランキングを作成しました。

カマグラゴールド100×4

カマグラは、インドの製薬会社アジャンタファーマがバイアグラのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

勃起時の硬さや、比較的効果が早く出るのが特徴になりED治療のジェネリック医薬品のなかで最も人気の医薬品です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィル50mg・100mg

メーカー:アジャンタファーマ

バイアグラ100mg

バイアグラは、ファイザー製薬によって開発された世界で最初のED治療薬です。

その知名度・薬としての安定性はもちろん効果についても代表格といっても間違いありません。

EDに悩まれている方から、世界的に評価・支持されています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィルクエン酸塩25mg・50mg

メーカー:ファイザー株式会社

メガリス10mg

メガリスは、インドの製薬会社マクレオズファーマスーティカル(Macleods Pharmaceuticals)社がシアリスのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

特徴としては他のED治療薬に比べて持続力の時間が長いと評判になっています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:タダラフィル10mg・20mg

メーカー:マクレオズファーマスーティカル

-ED治療薬の通販・輸入代行サイト比較

Copyright© EDのお薬 , 2017 AllRights Reserved.