バイアグラは保険適用がされない?!ED治療と保険適用について

投稿日:

EDを患っていて、治療を行う場合どこで診てもらればいいのでしょうか?

実はED症状はED専門クリニック以外に一般的な病院でも治療を行うことが出来ます。

 

 

病院でED治療を行うことは出来ますが、保険適用外となっています。

そのためバイアグラを処方されるときも保険適用はされません。

 

ED症状を患っている方は改善をするために治療を考えられていると思います。

しかし、保険適用がされないとなると治療費が全額費用負担になるため高い治療費用が掛かってしまいます。

 

EDを患ってしまうと全く勃起しない勃起不全や、十分に勃たない勃起障害といった症状がみられます。治療を行わないと勃たなく、満足いく夜の生活を送ることは出来ないでしょう。

そのため、治療を行いたいという男性は多くいますが何故ED治療は保険適用外なのでしょうか?また、保険適用内で行える治療などはあるのかも気になるところです。

 

今回はED治療(バイアグラの処方)と保険の適用についての話をまとめていきたいと思います。

 

 

なぜED治療・バイアグラの処方は健康保険適用外なのか?

 

ED治療を行ううえでバイアグラなどのED治療薬の服用をしなくてはなりません。

しかし、健康保険の適用外になっています。

健康保険の適用外なことで、治療するうえで掛かる費用(初診料または再診料などの診察料、処方される薬の費用)は全額患者の自己負担になります。

 

一般的な病気や怪我などであれば健康保険の適用がされ、1割~3割を自己負担するだけで治療を受けることが出来ます。

 

一方、ED治療においては何故保険適用がされないのでしょうか?

 

それは厚生労働省の見解にあります。

 

まずひとつにバイアグラなどのED治療薬は根本的な治療ではなく、一時的な改善を促すものということです。

 

これは、どういうことをいっているのでしょうか?

それはED疾患の発症に関係があります。

 

EDの発症となる原因は大きく分けて心因性ED、器質性ED、薬剤性EDの3つがあります。

 

簡単にどういったED原因かをまとめてみます。

  • 心因性ED

精神的な面が原因となり起こるEDです。

ストレス、トラウマ、コンプレックスなど精神的な不安や悩みがあるとEDを患うことにつながる場合があります。

 

  • 器質性ED

身体の機能が悪くなることが原因となり起こるEDです。

主に生活習慣病の糖尿病・高血圧や動脈硬化の合併症によってEDを患うリスクが高くなります。

 

  • 薬剤性ED

飲んでいる薬が原因となり起こるEDです。

例えば抗うつ剤や精神安定剤などの精神疾患の治療薬として服用される薬が原因でEDを患う可能性が出てきます。

 

 

上記のようにEDを患う原因は様々です。

そして、ED疾患は陰茎部だけの病気という訳ではないのでバイアグラなどのED治療薬を服用するだけでは根本的な解決・治療にはなりません。

このことから、バイアグラは一時的な治療薬とされているため、保険適用外の治療薬とされています。

 

 

また、保険適用外の理由としてもうひとつあげられています。

それはED症状自体が生命に関わる病気と認められていない。バイアグラなどのED治療薬はあくまで生活の質を高める為の薬ということがあります。

 

極端な話ですが、ED症状は命の危険に直接関係するような疾患ではありません。

そのことからあくまで日々の生活の質を高める目的の治療と考えられています。

 

これはED治療に限ったことではありません。

例えば薄毛治療のAGA治療薬(男性型円形脱毛症)や禁煙外来のニコチネル(禁煙治療薬)などの治療を行う際は健康保険の適用はされません。

 

以上の理由から保険適用がされないといえます。

 

 

症状によっては保険適用で治療を受けることが出来る?!

DarkoStojanovic / Pixabay

 

先ほどもお伝えをしたように基本的にED治療は保険適用外となっています。

 

しかし、症状によっては保険適用で治療を受けられることをご存知ですか?

 

これはどういうことかというと

上記でお話をしたEDの原因に関係してきます。

 

例えばED発症が器質性EDの場合だとします。

 

器質性は生活習慣病と関係が深い症状になっています。

 

生活習慣病とは主に糖尿病・高血圧・脂質異常症を3つの症状のことです。

 

糖尿病を患うと血液がドロドロになり血流が悪くなります。また、血糖値が上がり、合併症として高血圧を患うリスクが高くなります。

そして高血圧になると血管内の圧力が高くなり血管内が傷つき脆くなってしまいます。

 

血管内が傷つくことで動脈硬化を発症し、動脈硬化の合併症としてEDを患いやすくなるということがあります。

 

このような原因でED治療を行う場合、EDの原因となる動脈硬化や高血圧・糖尿病の治療を行うことで生活習慣病が改善すれば体内環境が元に戻るといえます。

 

ED治療自体には保険適用はされませんが、生活習慣病は保険適用で治療を行うことが可能出来ます。

 

EDの原因となる病気の治療を行い改善をするには長期間の治療となりますが、EDの根本ていな病気を治すことでED症状も改善するといえるでしょう。

 

 

これは生活習慣病以外にも交通事故などで脊髄損傷をしてED症状を患った場合や、男性更年期障害が原因でED症状を患うなどといった場合でもでも同様のことがいえます。

 

長期的なED治療を行う場合は、ED症状の根本となる症状の治療を行うことで、保険適用治療が可能となります。

 

 

今すぐED症状の治療を行う場合はバイアグラの服用を

sasint / Pixabay

健康保険の適用でED治療を行う場合は長期的なED原因となる病気の治療を行うことが大切です。

 

しかし、EDを患っていて長期的な治療を行っている最中でも

性生活を拒んで日々の生活を送ることは難しいこともあるでしょう。

 

 

そのようなときにバイアグラを服用をするようにしてください。

 

 

あくまでバイアグラの服用は一時的に勃起を促すという働きです。

バイアグラを服用するからといって根本的なED症状が治る訳ではありません。

 

しかし、保険適用外だからといってバイアグラの購入を諦める必要はありません。

逆にバイアグラをな服用しないで性行為を我慢するよりとストレスになってしまいます。

 

バイアグラを利用して満足いく性行為を行いながらED症状の根本となる治療を並行して行うことでストレスなくED改善することが出来るでしょう。

 

ED治療やバイアグラの処方には保険適用はされませんが、バイアグラを服用しながらEDの根本となる病気の治療を行うことをおすすめします。

人気・効果で選ぶED治療薬ランキング

ED治療薬は、ジェネリックまで合わせると様々な種類があります。

はじめてED治療薬を購入・通販をしようとするときは、悩んでしまいますよね。

今回は「お悩み宅急便」に協力をいただき、効果・人気から選ぶEDのお薬ランキングを作成しました。

カマグラゴールド100×4

カマグラは、インドの製薬会社アジャンタファーマがバイアグラのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

勃起時の硬さや、比較的効果が早く出るのが特徴になりED治療のジェネリック医薬品のなかで最も人気の医薬品です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィル50mg・100mg

メーカー:アジャンタファーマ

バイアグラ100mg

バイアグラは、ファイザー製薬によって開発された世界で最初のED治療薬です。

その知名度・薬としての安定性はもちろん効果についても代表格といっても間違いありません。

EDに悩まれている方から、世界的に評価・支持されています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィルクエン酸塩25mg・50mg

メーカー:ファイザー株式会社

メガリス10mg

メガリスは、インドの製薬会社マクレオズファーマスーティカル(Macleods Pharmaceuticals)社がシアリスのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

特徴としては他のED治療薬に比べて持続力の時間が長いと評判になっています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:タダラフィル10mg・20mg

メーカー:マクレオズファーマスーティカル

-ED治療薬の通販・輸入代行サイト比較

Copyright© EDのお薬 , 2017 AllRights Reserved.