バイアグラの副作用を知り、正しく服用をしよう

投稿日:

ED治療薬として有名なバイアグラですが、バイアグラは勃起不全または勃起障害に効果がある治療薬です。最近では性交中に全く勃起をしない、自分の思った通りの十分な勃起をしなく挿入出来ないといた勃起障害の自覚がある男性が増えていて、その数は成人男性の5人に1人ともいわれています。

バイアグラはその男性の悩みのED症状に作用をする治療薬として、病院で診断を受け医師から処方をされてり、ネット通販で購入をすることが出来ます。

バイアグラをネットで探してみると口コミなども多く存在し、その中で気になるのは副作用のことではないでしょうか。バイアグラを含めたED治療薬では服用をすることでED症状について作用をするものの副作用が伴うこともあります。

バイアグラを初めて服用するから心配だという方や、既に飲んでいるけど副作用が起こったこともあるので心配だという方もいらっしゃると思います。

今回バイアグラの服用を検討されている方へ正しくバイアグラを飲んで頂くために副作用についてまとめていきます。

バイアグラはどのように作用をしているのか

バイアグラ

ED治療薬の中でも全世界で販売をされていて、もっとも認知をしてる人が多いED治療薬はバイアグラといえるでしょう。

このバイアグラの成分のシルデナフィルはもともとはアメリカのファイザー社で狭心症の薬として研究や開発されていました。臨床試験の実施を行う過程で狭心症への改善の効果が期待出来ないことが確認されたものの、シルデナフィルの服用をした治験者へのペニスの勃起が発覚し、勃起への作用を促す薬として販売をされたのがバイアグラです。

 

このシルデナフィルは血管拡張とPDE-5の酸素活性素を阻害する作用があり、勃起を促すという働きになります。

通常、勃起がおこる仕組みとして視覚や聴覚、触覚などの五感から性的興奮を感じ取り脳から脊髄の勃起中枢や勃起神経へ刺激が伝わります。そのときにNO(一酸化窒素)が放出され前立腺や尿道、海綿体などのペニス内部の細胞にcGMPという血管を拡張させる物質が増え、海綿体組織の平滑筋が緩むみ血液が流れ込むことで勃起がおこります。

PDE-5は勃起が萎れるときに放出され、PDE-5がペニス細胞内のcGMPを壊すことで海綿体の血管が収縮し勃起が治まるという働きがあります。

 

PDE(ホスホジエステラーゼ)は11種類の酵素がありその中のひとつであるPDE-5はcGMPを壊し分解する役割があるのですが、バイアグラの成分のシルデナフィルはこのPDE-5の役割を阻害します。また、血管拡張を同時に促すことで勃起をされるということに作用をします。

 

バイアグラの服用で起こる副作用

pheee / Pixabay

バイアグラは勃起を促す治療薬ですが、服用をすることで副作用が見られる場合があります。バイアグラの勃起を促す効果と共にみられる副作用は「顔のほてり」「紅潮」「頭痛」「目の充血」「鼻詰まり」「動悸」などがあります。

この症状の中でもバイアグラの服用をされる方は特に「顔のほてり」「目の充血」がみられることが多いといわれています。

このような副作用がなぜ起こるのかというと、バイアグラの血管拡張の作用があげられます。バイアグラの成分のシルデナフィルにより全身の血管が拡張され、身体の血管内に流れる血流が活発化をされます。

血管内を拡張し、血流が確保されることで大量の血液が体内を流れ込み上記のような副作用がみられるということになります。

副作用が心配だと感じる方もいらっしゃいますが、もちろんこの副作用はバイアグラを服用後、時間が経ち効果が弱まってくると症状も緩和されていきます。

バイアグラは性行為の30分~1時間前に服用をします。服用後1時間後に効果があらわれたとして、勃起を促す効果持続時間は5時間~6時間です。

飲み始めたときに「顔のほてり」や「目の充血」などの副作用が起きたとしても、この効果持続時間が経過するとともに副作用がの症状も和らぐので気が付いたころには症状もなくなっていることでしょう。

 

このことからバイアグラの副作用について敏感になり過ぎる必要はないといえます。

ただ、持病をお持ちで医師から処方をされている薬を服用をされている方でEDを発症しバイアグラを検討されている場合には要注意が必要なことがあります。

正しいバイアグラの服用をしないと、副作用により命の危険にも伴う可能性もあります。

 

バイアグラの副作用の危険性!特に注意が必要なこと

voltamax / Pixabay

バイアグラの副作用の危険性による報告はいくつかあげられています。

しかし危険な副作用が起こるのは正しい飲み方を怠ったことが原因としてあります。

まず、ED症状以外に持病をお持ちで心臓病を患っている人がバイアグラを服用する場合です。バイアグラには併用禁忌薬というものがあります。これは飲み合わせが出来ない薬ということです。

心臓病を患っている方はニトログリセリンなどの硝酸剤の薬を処方される場合が多いです。このニトログリセリン(硝酸剤)とはバイアグラと同様に血管を拡張させ血流を確保する作用があります。バイアグラとニトログリセリン(硝酸剤)を同時に併用することで薬の効果が過剰に効き過ぎてしまい細胞内のcGMPが増加することで血圧低下を起こす原因となります。急激な血圧低下が起こると生命の危険につながることとなります。

 

他にも、うつ患者に処方がされるスルピリドという薬や、高血圧症患者に処方される薬があります。

抗うつ治療剤には副作用として性欲の減少がみられたり勃起力低下がみられたり、高血圧症の薬も同様に勃起力低下を伴う副作用があることがあげられます。バイアグラを服用しても「勃起を促す効果」と「勃起力を低下する作用」の相殺がされバイアグラの効果が得られない場合があります。

ただし病院でから処方されているのがバイアグラの併用禁忌薬でなければ危険性はありません。そのため病院から薬を処方されてるという方でバイアグラの服用を検討されているということがあれば一度医師に相談をされると間違いはありません。

何かしらの持病がある方でバイアグラの副作用について心配の方は必ず服用をして問題ないかを確認をされてからにしましょう。

また、バイアグラは1日1回の服用とされています。

より効果を感じたいという考えで1日に何錠も服用をしてしまうと、バイアグラの効果が効き過ぎてしまい血圧低下をし危険が伴うので必ず決められた量を服用するようにしてください。

以上のことからバイアグラは正しく服用すれば副作用は最低限な症状におさまります。

バイアグラの服用を検討されている方は正しく服用するようにしてくださいね。

人気・効果で選ぶED治療薬ランキング

ED治療薬は、ジェネリックまで合わせると様々な種類があります。

はじめてED治療薬を購入・通販をしようとするときは、悩んでしまいますよね。

今回は「お悩み宅急便」に協力をいただき、効果・人気から選ぶEDのお薬ランキングを作成しました。

カマグラゴールド100×4

カマグラは、インドの製薬会社アジャンタファーマがバイアグラのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

勃起時の硬さや、比較的効果が早く出るのが特徴になりED治療のジェネリック医薬品のなかで最も人気の医薬品です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィル50mg・100mg

メーカー:アジャンタファーマ

バイアグラ100mg

バイアグラは、ファイザー製薬によって開発された世界で最初のED治療薬です。

その知名度・薬としての安定性はもちろん効果についても代表格といっても間違いありません。

EDに悩まれている方から、世界的に評価・支持されています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィルクエン酸塩25mg・50mg

メーカー:ファイザー株式会社

メガリス10mg

メガリスは、インドの製薬会社マクレオズファーマスーティカル(Macleods Pharmaceuticals)社がシアリスのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

特徴としては他のED治療薬に比べて持続力の時間が長いと評判になっています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:タダラフィル10mg・20mg

メーカー:マクレオズファーマスーティカル

-ED治療薬の通販・輸入代行サイト比較

Copyright© EDのお薬 , 2017 AllRights Reserved.