バイアグラの効果はEDに作用する!

投稿日:

性交をしたくてもペニスが全く勃たなく挿入が出来ない。性交中に途中で中折れしてしまい満足な性交が出来ないといったことはありませんか?

男性の長年の悩みであった勃起不全や勃起障害といったED症状ですが、バイアグラの誕生によってEDと上手く付き合うことが出来るようになってきました。

最近では中高年の男性以外にEDの若年化などが問題視されていて、男性であれば誰でもEDになる可能性があるといっても大袈裟ではありません。

バイアグラを飲んでみようかな?と検討されている方で一番気になるのは効果のことではないでしょうか。

今回はバイアグラの効果についてお話をしていきます。

 

バイアグラの効果とは

bykst / Pixabay

勃起をさせるということで有名なバイアグラですが、バイアグラは性的な興奮を高めるといった薬ではありません。また、人によっては「媚薬」としてバイアグラの効果を想像されている方もいらっしゃいますが、バイアグラを飲んで性的感度が高まるといったこともありません。

 

では、どういった効果があるのかバイアグラの効果についてお話をしてきます。

 

バイアグラの成分であるシルデナフィルは血管拡張作用とPDE-5阻害をするといった作用があります。

勃起不全や勃起障害のED症状がある人にはこの2つの作用が勃起をおこすことに関わてきます。

 

まず、勃起をおこすメカニズムについてお話をしていきます。

 

勃起は性的興奮を感じないと勃ちません。私たちは視覚や聴覚、触覚など五感によって性的刺激を感じ取ります。

性的刺激は大脳を経由し脊髄にある勃起中枢や勃起神経に伝達されることで一酸化窒素(NO)が分泌をされ血管や筋肉に作用をし、cGMPが放出されます。血流がペニスの海綿体に溜まることで勃起がおきます。

その後ペニスが萎れるときは酵素のひとつであるPDE-5の働きによってcGMPが破壊され勃起はおさまります。

 

cGMPは血管拡張に作用をする物質のため、このcGMPが放出されなければペニス内組織の海綿体へ血流が十分に送られなく、血液が溜まらないので勃起はおきません。

 

バイアグラの成分であるシルデナフィルはこのcGMPを破壊をするPDE-5の働きを阻害するといった作用があります。

PDE-5を阻害することで萎えず勃起を持続させるといったことにつながります。

 

 

バイアグラは飲んだらずっと勃起をするといった勘違いをされることがありますが、性的な興奮がなければ一酸化窒素(NO)の分泌もされませんし、cGMPの放出もされません。

そのため性的な興奮を感じなければ、バイアグラの効果は発揮されません。バイアグラを服用しらたずっと勃ちっぱなしということはないでしょう。

 

バイアグラの効果はこうして発見された

DarkoStojanovic / Pixabay

1998年にアメリカのファイザー社から世界で初めてバイアグラの販売が開始されて、翌年の1999年に日本でバイアグラの販売はされました。

もともとバイアグラは狭心症や心筋梗塞の心疾患の治療薬として研究開発をされていました。

臨床試験において狭心症や心筋梗塞の心疾患の治療薬としての効果が期待が出来なく中止になりましたが、治験者が試験薬を返却するときに渋り理由を問ったところ勃起を促すといった作用が発覚し、その後バイアグラはED治療薬として発売されることなりました。

 

バイアグラは世界で初めてEDの治療薬として認められた薬です。

長年のED治療薬の悩みがの治療薬として世界初のバイアグラは大注目を浴びることとなりました。

 

バイアグラの効果が出ないことってある?

danymena88 / Pixabay

バイアグラは1日1錠を飲むようにします。

1日に何錠も服用をするということはせずに、1回飲んだら24時間空けるようにしましょう。

性行為前の1時間前に服用をするようにし、空腹時の服用が一番効果的です。

服用後の効果持続は25mgと50mgによっても異なりますが、4時間~6時間程度です。

副作用は頭痛、目の充血、顔の火照り、鼻詰まり、動悸などがあげられますが、バイアグラの服用後成分が薄くなれば自然と副作用の症状は和らぎます。

 

バイアグラの基本的な概要については上記のとおりです。

 

バイアグラを服用後効果が感じられてないといった方がいらっしゃいます。

勃起不全や勃起障害といったED症状の発症は人によって原因はさまざまです。

もちろんその原因によって効果的なでないば場合もあり、すべての人に勃起を促すといったものでありません。

 

  • バイアグラを飲むタイミング

バイアグラの効果が感じられてないといわれてる大半の方が飲むタイミングが悪いとされています。バイアグラは食事を摂ってから服用をするとバイアグラの成分の吸収が妨げられます。バイアグラは食事に影響されやすいことがあり、食事とバイアグラを摂るタイミングに少しコツがあります。

飲むタイミングが悪いと食事に影響をされ全く効果が得られないといったことがありまの飲み方には注意が必要です。

飲み方のコツとしては食事の前にバイアグラを飲みます。30分~1時間程度経って身体にバイアグラの成分が十分に吸収されたら食事を摂ることで、バイアグラが効かないといったことが解消される方は多くいます。

 

  • 精神疾患

精神的な原因による性欲減退がある場合はバイアグラの効果が効かないことがあります。

バイアグラは性欲を高めるといった効果はありません。

自信で性的興奮を感じとらない勃起はおきないので、精神的な問題があるとEDになる可能性があります。

 

  • 身体の問題

交通事故などで脊髄や伝達神経の損傷があると勃起がおきない原因ともなります。

性的刺激は脳から脊髄を伝達し勃起を促すので、下半身に「勃起をさせる」といったことが伝わらないと勃起は起きません。

また、動脈硬化などの原因でペニスの動脈が完全に詰まってしまうということがあっても勃起は起きません。

ペニスの動脈が詰まってしまうとペニス組織の海綿体に血液が溜まらないので勃起させることが出来なくなってしまいます。

 

このような身体の問題によるEDはバイアグラを飲んでも効かないといったことが考えられます。こういったED症状の場合、ED改善の前にEDの原因となる病気などの治療が先になります。

 

 

バイアグラの飲むタイミングは気を付けているけど、効かないというここたあれば精神的な原因もしくは身体の原因の可能性がありますので、病院へ行き医師に相談するようにしましょう。

人気・効果で選ぶED治療薬ランキング

ED治療薬は、ジェネリックまで合わせると様々な種類があります。

はじめてED治療薬を購入・通販をしようとするときは、悩んでしまいますよね。

今回は「お悩み宅急便」に協力をいただき、効果・人気から選ぶEDのお薬ランキングを作成しました。

カマグラゴールド100×4

カマグラは、インドの製薬会社アジャンタファーマがバイアグラのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

勃起時の硬さや、比較的効果が早く出るのが特徴になりED治療のジェネリック医薬品のなかで最も人気の医薬品です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィル50mg・100mg

メーカー:アジャンタファーマ

バイアグラ100mg

バイアグラは、ファイザー製薬によって開発された世界で最初のED治療薬です。

その知名度・薬としての安定性はもちろん効果についても代表格といっても間違いありません。

EDに悩まれている方から、世界的に評価・支持されています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィルクエン酸塩25mg・50mg

メーカー:ファイザー株式会社

メガリス10mg

メガリスは、インドの製薬会社マクレオズファーマスーティカル(Macleods Pharmaceuticals)社がシアリスのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

特徴としては他のED治療薬に比べて持続力の時間が長いと評判になっています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:タダラフィル10mg・20mg

メーカー:マクレオズファーマスーティカル

-ED治療薬の通販・輸入代行サイト比較

Copyright© EDのお薬 , 2017 AllRights Reserved.