バイアグラとレビトラの違いについて

投稿日:

バイアグラはED治療薬として、勃起不全や勃起障害といったED症状のペニスの勃起を促す作用があり、ED治療薬で最も世界的に有名で認知がされているのがバイアグラといっても大袈裟ではないでしょう。

ED治療薬はバイアグラ以外にも存在しますが、EDに作用する効果が一緒だから同じような治療薬だろうと考えてしまいがちです。

ED治療薬は御三家と呼べるものとしてバイアグラ、レビトラ、シアリスがあります。

バイアグラと他のED治療薬はどのように違う点があるのでしょうか。

今回はバイアグラとレビトラについて比較をしていきます。

 

ED治療薬のバイアグラについて

バイアグラ

バイアグラの有効成分はシルデナフィルです。

バイアグラが世界的に有名で認知されている理由として、世界初のED治療薬ということがいえます。1998年にアメリカのファイザー社から製造・販売がされ世界初のED治療薬として大注目されました。

元々はバイアグラは狭心症や心筋梗塞といった心疾患の治療薬として研究・開発がされていました。開発段階の臨床試験において治験者にバイアグラの投与を行った際に、投与を受けていた治験者の勃起を促すということが判明しました。その後狭心症や心筋梗塞といった心疾患に対して十分な成果を得られることが出来ませんでしたが、ED治療薬としてバイアグラは販売されることになりました。

バイアグラの有効成分のシルデナフィルの作用として血管の拡張とPDE5阻害をすることで勃起を促す効果あります。

注意点として食事の影響を受けやすいという点があります。飲み方は性交の1時間前、空腹時に服用のしますが、体内(胃や腸)に食べ物や油が残っているとシルデナフィルの成分が吸収されずに排出されてしまい効果を得られません。

個人差にもよりますが十分な効果が得られるのと同時に副作用として「頭痛」「顔のほてり」「鼻詰まり」「動悸」などといった症状がみられることがあります。空腹時に服用をするとより勃起に対して十分な効果が発揮されて効果持続時間は5時間~6時間となり、効果が薄まっていくのと同様に副作用の症状もなくなってきます。

併用禁忌薬は血管拡張に作用をする硝酸剤やニトログリセリン系の薬、不整脈治療に処方されるアミオダロン(アンカロン錠)、肺高血圧症の治療で処方をされるリオシグアト(アンカロン錠)があります。

 

ED治療薬のレビトラについて

レビトラの有効成分はバルデナフィルです。

レビトラは2003年にドイツのバイエル社から販売された世界で2番目のED治療薬です。有効成分であるバルデナフィルはバイアグラと同様に血管拡張とPDE5阻害に作用があり勃起を促す効果があります。

レビトラの特徴として水に溶けやすく食事に影響がされにくいといったことがあります。何を食べても効果が食事に影響がされないということではなく、標準的な食事に影響がされないとレビトラの説明書にあるのであまりにも脂っこい食事などは控えましょう。

副作用については「頭痛」「顔のほてり」「鼻詰まり」「動悸」などといった症状がみられることがあります。

食事によっての影響は受けにくいですが空腹時に服用をすることで十分な効果が発揮されます。服用するタイミングは性行為前の1時間前で、効果持続時間は5時間~10時間です。

併用禁忌薬は血管拡張に作用をする硝酸剤やニトログリセリン系の薬、HIV治療薬として処方される抗ウイルス薬、水虫等のカビによる感染症の治療として処方される内服用の抗真菌薬、不整脈治療に処方されるアミオダロン(アンカロン錠)含め複種類の不整脈治療薬、肺高血圧症の治療で処方をされるリオシグアト(アンカロン錠)があります。

また、血液透析中の方はレビトラの服用は出来ません。

バイアグラとレビトラはどちらが効果があるのか

バイアグラとレビトラについての違いは上記のようなことです。少し分かりずらいので簡単にまとめていきます。

 

バイアグラ

成分:シルデナフィル

勃起に対しての作用:血管拡張・PDE5阻害

食事影響:あり

服用するタイミング:性行為1時間前

効果持続時間:5時間~6時間

副作用:頭痛、顔のほてり、鼻詰まり、動悸など

その他注意点:グレープフルーツの果実、もしくは含むジュースの服用は控えること

 

レビトラ

成分:バルデナフィル

勃起に対しての作用:血管拡張・PDE5阻害

食事影響:標準的な食事であれば影響なし

服用するタイミング:性行為1時間前

効果持続時間:5時間~10時間

副作用:頭痛、顔のほてり、鼻詰まり、動悸など

その他注意点:グレープフルーツの果実、もしくは含むジュースの服用は控えること

 

 

ED治療薬として勃起不全や勃起障害があったときに勃起を促す作用は同様です。

食事の影響されやすいバイアグラと比較をして、レビトラは食事の影響がされにくい特徴があります。また、バイアグラに比べレビトラは服用後の効果持続時間が長いこともあり、バイアグラによりレビトラの方が飲みやすいED治療薬といえるのではないでしょうか。

副作用については、身体に与える作用が類似していることから同じような症状があらわれますが飲み合わせをしてはならない併用禁忌薬に違いがあります。

バイアグラは狭心症などの心疾患の治療で処方される硝酸剤(ニトログリセリン)や不整脈治療で処方されるアミオダロン(アンカロン錠)、肺高血圧症の治療で処方をされるリオシグアト(アンカロン錠)ですが、レビトラは多くの併用禁忌薬が存在します。

 

 

 

 

病気を患ていてなど病院に通っていて医師から処方をされている薬がある場合は特にレビトラの場合医師へ相談が必要です。

持病によってレビトラを飲むことが出来ないということがあれば、バイアグラの併用禁忌薬に該当しなければバイアグラを服用するという選択肢になると思います。

特に併用禁忌薬に該当しなくバイアグラの食事の影響がされにくいということや、効果がいまいちかも?ということがあればレビトラを服用されるのが良いのではないでしょうか。

 

またバイアグラ、レビトラに限らずED治療薬はグレープフルーツ(ジュース含む)を摂取してからの服用は控えるようにしてください。

グレープフルーツには血中濃度を上げる働きがあります。ED治療薬と一緒に摂取をすると効果が効き過ぎてしまう原因ともなります。

 

バイアグラとレビトラは勃起を促すといった作用に違いはありません。

どちらが効果的かというよりかは、どちらが自分に合ったED治療薬かという点でバイアグラにするかレビトラにするかを選ばれると良いでしょう。

もちろん効果については個人差も出てきますので併用禁忌薬に注意のうえ服用するようにしてくださいね。

人気・効果で選ぶED治療薬ランキング

ED治療薬は、ジェネリックまで合わせると様々な種類があります。

はじめてED治療薬を購入・通販をしようとするときは、悩んでしまいますよね。

今回は「お悩み宅急便」に協力をいただき、効果・人気から選ぶEDのお薬ランキングを作成しました。

カマグラゴールド100×4

カマグラは、インドの製薬会社アジャンタファーマがバイアグラのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

勃起時の硬さや、比較的効果が早く出るのが特徴になりED治療のジェネリック医薬品のなかで最も人気の医薬品です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィル50mg・100mg

メーカー:アジャンタファーマ

バイアグラ100mg

バイアグラは、ファイザー製薬によって開発された世界で最初のED治療薬です。

その知名度・薬としての安定性はもちろん効果についても代表格といっても間違いありません。

EDに悩まれている方から、世界的に評価・支持されています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:シルデナフィルクエン酸塩25mg・50mg

メーカー:ファイザー株式会社

メガリス10mg

メガリスは、インドの製薬会社マクレオズファーマスーティカル(Macleods Pharmaceuticals)社がシアリスのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬です。

特徴としては他のED治療薬に比べて持続力の時間が長いと評判になっています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持

有効成分:タダラフィル10mg・20mg

メーカー:マクレオズファーマスーティカル

-ED治療薬の通販・輸入代行サイト比較

Copyright© EDのお薬 , 2017 AllRights Reserved.